top of page

東京メンタルクリーナー 10か条




東京メンタルクリーナー 10か条

・クリーニングは、モノ、ヒト、コトのあいだのコミュニケーション媒介である。

・クリーニングは、包摂と排除の実践になる。

・クリーニング参加者は、それぞれ違った目的があり、その目的は共有しても・しなくてもいいが、強制はできない。

・クリーニングで、メンタルが良くなる場合、悪くなる場合、変わらない場合がある。

・クリーニングは、何かしらのルーレットを回す機会である。

・クリーニングは、当事者と医療者の2つの視点というよりは、クリーナーという第三者的かつ日常的な3つ目の視点である。

・クリーニングをすることは、クリーニングしないことも含まれる。

・クリーニングは、誰でもできる。

・クリーニングは、医療行為や慈善事業、宗教活動でもなく、敢えて言えば、世俗的な行為である。

・クリーニングは、モノ、ヒト、コトだけでなく、空間や建築の現象学的な観察を含む。

閲覧数:42回

Comentários


記事: Blog2_Post
bottom of page